音楽が"たりない"ひとり

遠山校長のような音楽愛を

CreepyNutsとラジオと私

f:id:radio4111:20200211154318j:image

 

ラジオを聞いているとき僕は1人だ。

擦り倒されたような表現だけど、パーソナリティと番組を盛り上げてくれるハガキ職人と自分と。

それしかない空間がとても居心地が良くて。聞けば聴くほど、パーソナリティのことが好きになってくる。

人のことを好きになってくる。だから僕はラジオが好きなのだと思う。

""""""""""""""""""""""""""""""""

前にも書いたような気がするけれど僕がCreepyNutsにハマったのもラジオからだ。

オードリーのラジオのゲストで来てて、訳わからないくらい暴走している松永さんに心を掴まれた。

曲もとてもかっこよかったし、トークも死ぬほどおもしろいから月に一回更新される悩む相談室を楽しみに卒論を書いていた記憶がある。

 

2人の話に嘘がないのが好きだ。

好きなことは好きだと大盛り上がりして、納得できないことは納得できないと言える。(主に松永さん)

そこに熱がある。そんな2人が僕は好きなのだ。

''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

社会人になって、どうもおかしいなと思うことが増えた。

明かに正しいことが正しくなくて、必要だと思えないことが、とても大切にされる世界。

とても窮屈だ。そのコミュニティ内で形成された”自分”という枠からはみ出ないように慎重に生きていかなければならない。

めちゃくちゃ疲れる。

 

「そんな中でも自由に振る舞える人はいるのだからお前のせいだ!」

と言われればぐうの音もでないが、僕は器用ではないので勘弁してほしい。

 

今度あったら、

「どうしてくれるんだ社会。俺の20代はお前のせいでめちゃくちゃだ。

お前と向き合っているだけで消耗してくんだぞ。俺の人生返せ!」くらいは言ってやろうと思っている。

""""""""""""""""""""""""""""

話を戻すと、つまるところ僕がラジオを聴く理由はそこなのだと思う。

ラジオをきいている間は人に気を使う必要がないし、頭の中は自由だ。

誰にもバカにされず、誰からも干渉されない。(松永さんは地下シェルターのようなものって言ってた)

 

普段は抑えている自分をふっと解放してあげる。そんな瞬間がラジオをきいているとあるのだ。

だから飽き性の僕でも続いているのだろう。

おかげでなんとか人間としてのバランスが取れているよ。ありがとうラジオ。

""""""""""""""""""""""""""""

 

ここまで書いて、ようやくライブのことが書ける。

今回のライブは最高だった。実際これはもうNeedless to sayなんだけど。

 

大好きな2人が目の前でいつもどおりのラジオをやってくれて、ライブも見れて、ジブさんが出てきて。

最も高い。最高でしかなかった。

なんか2人でカードゲームしている姿もよかったし、キャッチミーを見ている瞬間もすげぇバカバカしくてよかった。

f:id:radio4111:20200211154451j:image

全ての瞬間が光っていたから、あの日が命日ですと言われてもまあ納得するかもしれない。嫌だけど。

 

""""""""""""""""""""""""""""

 

ラジオのイベントって最高だなって改めて。

みんなで同じものを良いと言っていて、それを楽しんでいるってとても健全だと思う。

みんながみんな僕のようなひねくれた人間ではないと思うけれど、

何かしら社会に生き辛さを持っているかもしれないと思うとすごく救われた気がした。

 

こういう人たちがいるなら、社会も捨てたもんじゃないなって。

なんだかもうすこし前向きに生きてみようって思えた。

 

お願い!ニッポン放送さま!頼むから改編突破!行くぜHiphipper!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さよならたりないふたり

f:id:radio4111:20191104155018j:image

 

さよならたりないふたり、見た。

現地に行けなかったのは悔しいけれど、それよりこれだけのものを見れたことの喜びの方が大きい。

 

もう手垢のついたような感想しか出てこないけれど、これだけ多くのことを感じさせてくれる二時間半はそうないんじゃないかなと思う。

 

最高だった。

***

 

このライブを見て改めて思うのは、2人の関係性だ。

世の中ありとあらゆる名コンビがいるけれど、この2人の関係性は少し異質だ。

 

別にこの2人はこのコンビがなくても生きていくのに困らない。

交わらないという世界線もあったはず。

 

それでも2人が交わってくれて良かったと心から思う。

 

二時間のアドリブ漫才、飛び交うパンチラインの応酬。

 

愉快犯若林正恭を受け止めらるのはやっぱり山里亮太なのであって。

山里亮太のホントの姿に引きずり出せるのはやっぱり若林正恭の狂気性なのだと思う。

 

そんな2人の関係性が僕はたまらなく好きだと再確認させられた。

***

「人間は新しい環境では皆新人」

 

どこまでいっても僕たちはたりないのだ。

 

たりないことをたりないと言うか。

たりないことをたりてる部分で覆い隠して生きていくか。

 

僕はなんとなく前者の方が性に合ってる。

 

これからも思う存分応援させてほしいな。

 

以上

 

 

 

 

 

 

オードリーのオールナイトニッポン 10周年記念全国ツアーin武道館

北九州→https://radio4111.hatenablog.com/entry/2018/12/22/221514

f:id:radio4111:20190303191218j:image

2019年3月2日

この日はきっと、10年、20年経っても忘れない、僕の人生の中で大きな1日になった。

 

多分きっと、それは僕だけではないと思うけれど。

武道館に集まった1万2千人

ライブビューイングで見た1万人

見にこれなかった人。

全リトルトゥースの中で忘れられない1日になったのではないかと思う。

 

そのくらいのパワーと10年という年月の重みが詰まったライブだった。

 

僕はそういう素晴らしい日に現場で見届けることができた。

その事にまずは感謝をしたい。

 

**********

(流れ)

①OP(どこから来たのかな話、お隠れパーカーの話、タレントレベルの話、チャゲアスの話)

②若さんフリートーク(ジーパンいたこ、小笠原いたこの話)

③春日さんフリートーク(フライデー禊旅、食事会の話)

④ひろしのコーナー(たまねぎになって武道館を完成させる)

〜休憩〜

バーモント秀樹、ビトたけし

⑥松本明子feat.春日俊彰「♂♀kiss」

梅沢富美男feat.MC.waka「夢芝居」

しんや

⑨ED

⑩漫才

カーテンコール→終了 

**************

 

こうやって振り返ってみると本当に盛りだくさんだったなぁと思うけれど、見ている時はあっという間だった。

 

武道館だから〜というような、特別な感じというのは個人的にはしなかったからかもしれない。

f:id:radio4111:20190303184029j:image

少しひろしのコーナーが派手だったり、長い漫才があったり、若さんのラップが聞けたり。

10周年ならではのスペシャル感はたしかに、あったけれど、根元の部分はやっぱり何にも変わらなくて、いつも夜ラジオをつけて聞いている感じと何も変わらなかった。

 

いつも通りの二人をannを武道館という大きな場所で、多くの同志とそれを聞いた。

そんな感じだった。

 

これはもしかしたら、お客さんによるところも大きいのかもしれないと思う。

二人のトークが始まれば「シーーン」と静まり返る。

このおかげで、トークを聞いている時は「二人と自分」の三人の空間が出来ていて、ラジオを聞いている時と何も変わらない感覚だったのだと思う。

 

全員リスナーというなんとも同じ穴の狢が集まったからこそ生まれる"異質"で、最高に居心地のいい空間だからこそこのイベントの良さが引き立ったような気もする。

 

===================

f:id:radio4111:20190303190238j:image

10年という年月はとても長くて、僕もずーっとリアルタイムで聞いていたわけではないから、あまり偉そうなことは言えないのだけれども。

終わって1日経っていろんな感想を読んで、やっぱりそれぞれ人の中にそれぞれのannkwがあるんだよなぁって思った。

全部の放送の中に、聞いていた当時のそれぞれの思い出があって。

だからこそ、色々考え、感じるところがあるのだと思う。

 

昨日は、それを少しだけ振り返って一度確認できた機会だった。

 

誕生日とか記念日とか。

何がめでたいの?って思うこともあるけれど、一回そこで立ち止まって、振り返ってまた進む。

そういうのも、たまにはとても大事なんだなぁって。

 

僕は最初にも書いたけれど、10年20年経ってもこのイベントのことは忘れないんじゃないかなって思う。

 

それは、きっとオードリーはこれから先もラジオを続けていくし、僕もそれを聞いていくから。

 

僕の人生の側にはこれからもannkwがあるし、色んな思い出が紐付いていくと思う。

 

オールナイトニッポンがこれからもオードリーにとって大切な場所であり続けることを祈っている。

 

f:id:radio4111:20190303185554j:image

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

オールライブニッポン2019

「1900年に発明された当時、ラジオは多くの人がラジオなど実用性のない高価なおもちゃにしかならないと酷評された。

しかし、どうだ。

今やラジオは、長い年月を経て、国境を超え様々な人に楽しまれるものとなり、今日ここ横浜に1万人を集めている。

つまり、、、。

当時の酷評は大きく間違っていたというわけだ。

 

ただ一点「おもちゃ」という点を除いて。

今日はラジオというおもちゃで存分に楽しもうではないか。」

__________________

菅田将暉のナレーションで幕を開けた今年のオールライブニッポン。

オールナイトニッポンらしさが出た、素晴らしいライブだったと思う。

f:id:radio4111:20190120224636j:image

creepy nuts

詳しくは昨日の記事、参照ください。

(https://radio4111.hatenablog.com/entry/2019/01/19/231019)

去年よりグッズをつけている人が増えて、なんか嬉しかったです。

 

SUPER BEAVER

 (セトリ)

証明→閃光→正攻法→秘密→ありがとう

 

「箱の大きさは関係ありません!

2019年一発目のライブ!好きな音楽、好きな ラジオ。何を聞いて、何をするか。全て自由な人生。今日という日にこの場を選んでくれてありがとう。最高の1日にしましょう!」

creepy nutsのあとを受けて出てきたのはSUPER BEAVER

f:id:radio4111:20190120223359j:image

CDJなどロックフェスでは入場規制がかかるほどの人気ながら、今回は客層の違うオールライブニッポン。

序盤は少し重かったが、その中で、確かな楽曲と渋谷さんの力強いmcで徐々に観客をつかんで言ったのがとても印象的だった。

 

「僕たちはこれまでどちらかと言えば、支えるというより、支えられてきました。これからはみなさんに返していきたいと思います」

といって始まった、正攻法と秘密。

渋谷さんの話す言葉に会場が耳を傾け、曲が進むごとに雰囲気が変わっていく感じがありました。

 

そして、 ラストのmc

「いつも変わらない毎日。いつも変わらないことして、退屈に感じる毎日。

僕は、そういう時、自分がうまく伝えられてないんだと思います。

人は気が付いた時にはもういなくなっている。そんなことがあります。

だから思った時に、大切な人に伝えて欲しい。

それでは聞いてください。

『ありがとう』」

言葉の持つ力。

それをラジオのフェスで、ロックバンドが教えてくれました。

最高にロックで、超まっすぐな素晴らしいステージでした。

 

③芸人ステージ

四千頭身三四郎

f:id:radio4111:20190120223601j:image

まさかのサブステージに登場。

僕はサブステージ付近だったので、めちゃ近くてシャンテンガリアーでした。

 

四千頭身は、鬼ごっこと一回クイズ。

三四郎はネタというよりは、トークの中でちょこちょこおきまりの漫才の下りを混ぜつつといった形でした。

 

流石ラジオのフェスというか、盛り上がり方、観客のあったかさがすごかったです。

2組ともすごく楽しそうで、こっちも楽しかったです。

このネタコーナーの時は、横浜アリーナ全体で一つのラジオを聴いてるような。

そんな心地の良い空間でした。

f:id:radio4111:20190120223928j:image

④TOSHI

 

365日の紙飛行機→I love  you→道

 

横浜アリーナ全体が真っ赤に染まったTOSHIのステージ。

ひらがなくりすますの「ひらがなけやき」より綺麗に揃い、ラジオリスナーの人の良さを感じました。やっぱラジオだよなー。なー。

f:id:radio4111:20190120224001j:image

期待したXの曲こそなかったですが、圧倒的な歌唱力は流石。

だって演奏したのは一曲のみ。

あとはカラオケ笑。

でも世界一贅沢なカラオケでした。

お金払ってまた聴きたいです。

 

⑤企画コーナー

 

VTRで岡村さんとオードリーが登場。

誰が一番早くクイズの答えを送れるかという、アルコ&ピースのANNリスペクト(?)企画でした。

僕はイベントとかでよくある、手を上げて答えたりするのは結構ハードル高くて、難しいんですが、メールを送るだけというラジオリスナー向きの企画でした。

でも内心、もしかしたら当たってるかもしれない?というドキドキ感があって。

めちゃくちゃいい企画じゃねーかと。

ありがとう福田さん。

 

氣志團

 

SE BE MY BABY→スパトニック・シティ・ブビブビ→俺達には土曜日しかない→我ら思う、故に我らあり→One Night Carnival→(茶番)→ワンナイ2019(恋)→ワンナイ2036(U.S.A.)

f:id:radio4111:20190120224040j:image

後半三曲ワンナイトカーニバルという異常なセトリ。

ただ盛り上がり的にはここまでで、一番やったもしれません。(最後に更新されますが)

 

俺らは一曲しかない!

という強烈な自虐からくる圧巻の展開。 

usa風の時は会場全体が笑顔に包まれていました。

 

さすが平成を生き抜いたバンドだなぁ〜。

元号が変わっても、まだまだ現役なんやろなと思わされるステージでした。

 

ひらがなけやき

Overture→ハッピーオーラ→期待していない自分→半分の記憶→ 君に話しておきたいこと→誰よりも高く跳べ!with 新内眞衣 from 乃木坂46→NO WAR in the future→ひらがなで恋したい

f:id:radio4111:20190120224142j:image

 

トリを務めたのはひらがなけやき

もはやホームと言えるほどの会場中で、ペンライトが光り、今日1の盛り上がりだったと思います。

セトリは夏のフェスから大きく変わらず、外向けのヒットチューンが中心で、変更点は君に話しておきたいことが入ったくらいでした。

 

去年の今頃は、日本武道館3daysに不安を感じていた、メンバーたち。

それが一年経って、今やフェスという外の現場、しかも横浜アリーナで、トリを堂々と務めていたのは、すごいなぁと素直に思いました。

 

ひらがなくりすますの時にも似たようなこと書きましたが、(https://radio4111.hatenablog.com/entry/2018/12/13/222427)

RIJFCDJに出る漢字とは良さの方向性が全く違うので、ここからもこの方向性で多くの人な受け入れられ、坂は登り続けていくんだと思います。

 

個人的には、オードリーと番組もやってますし、ニッポン放送でラジオやってくれたらいいな。なんて思います。

なんにせよ、とても立派で素晴らしいステージでした。

f:id:radio4111:20190120224435j:image

__________________

音楽とラジオの融合。オールライブニッポン。

 

アーティストから芸人まで、さまざまな人がパーソナリティをやっているからこそできる特別で、唯一無二なイベントだと思います。

 

自分以外にも、同じようなことを楽しみ、笑う。そういう人がこれだけいることを確認できる。素敵な場所です。

 

来年もまた来よう。そう思いました。

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

僕は一人旅行が好き。

いや、好きになった。

この本を読んで。

 

昔よく知らないおじさんに言われたことがある。

「尊敬する人がいるなら、その人を真似なさい。迷ったら、その人がその時どういう行動をするか考えなさい。」

 

僕は若林さんが好きだ。だから一人で旅行に行く。行き先は違えど、若さんならそうすると思うから。

__________________

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」若林正恭

f:id:radio4111:20190116074843j:image

この本の大テーマは「自由」。

競争社会で、人と競争する国日本。

共産主義で、自由な国キューバ

その違いを若さんならではの視点で切り取られたのがこのエッセイ。

==============

このブログを書くために、この本をもう一回読み直しました。

なんでこんなことに気づくの?考えるの?

と言うようなことが随所に散りばめられているこの本。

あー若さんやなぁって、やっぱ最高だなって思った。

 

タイトルのカバーニャ要塞の犬の下りもそうだ。

ぼけーっと旅行してたら絶対に気づかないようなところを気づいて、考える。

なんか若さんらしいなぁ。

ほんとにすげぇなぁって思う。

ここからは少し、僕の話。

僕は去年この本を読んでから、すぐに一人旅に行った。

この本読んで、一人旅には、漠然と他の人と行く旅行にはない何かがあるんじゃないかなと思って。

やってみれば、自分が変わるんじゃないか。

そう思って。

 

生言ってんじゃねぇよ。って言われるかもしれないんですが、一人で旅をしたら、僕もいろんなことを考えたり、感じれるようになりたかった。

だからよくわからないけどとりあえずすぐに、石垣島のチケットを取って、行った。

実際行ってみたら、

いろんな夢を乗せていった石垣島は雨で、希望に胸躍らせて借りた自転車はパンクした。

楽しみにしていったお店は休みだった。

 

でも、信じられないくらい楽しかった。

強烈に記憶に残っている。

多分もう一生忘れることはないと思う。

 

誰も知ってる人がいない、なんでも自分の好きにしていい。

人に気兼ねすることのない、確かな自由がそこにはあったと思う。

若さんのような鋭くいろんなことは感じられなかったけど、若さんがキューバの街を見たときのように、沖縄の海を見たら自然と笑っていた。

「誰かの顔色を伺った感情じゃなく、自分の脳細胞が景色を自由に、正直に感じた。」(p60)

日本は"資本主義"で"競争社会"だ。

「やりがいのある仕事をして、手に入れたお金で人生楽しみましょう!」

そんな社会だ。

 

別にそれが悪いわけでないと思う。

「日本は競争する必要はあるけど、選べる自由があるから」(p128)

 

でもそんな社会だからこそ、全く逆で何にもないようなところに行くことでなにかを感じる、楽しむ。

そういう時間を持つということかすごく大切じゃないかと僕は思う。

_______________

この前の三連休また、一年ぶりに石垣島に一人で行ってきた。

 

何かしたかと言われれば、多分何もしてない。

歩いていただけだ。

でもそれでいい。それが楽しい。

そんな旅。一人旅。

f:id:radio4111:20190116210129j:image

若さん、俺に一人旅の楽しさ教えてくれてありがとう。

 

以上

 

 

 

 

(追記)ひらがなロスとオードリーと

絶賛ひらがなロス。

 

ライブってその時も楽しいけど、終わった後により良さに気づくんですよ。

家でセトリ聞いて、あーこうだったよなぁとか、こういうことだったのかとか考えるのが楽しくて。。。

 

終わった直後はめっちゃ熱くなっていろいろ書くんですが、(ひらがなくりすます感想→https://radio4111.hatenablog.com/entry/2018/12/13/222427)

むしろちょっと冷静になってた今の方がいろいろ思うところもあったり。

思い返してからの方が、良さに気づくというか。

 

あーもっとここを見ときゃよかったなぁとか、もう二度同じライブは見れんのだよなぁとか思うわけですよ。

 

ライブはその場の楽しさを買うっていうのもあるんだけど、その後の楽しさ含めてライブなんかなぁとか思うし、だからお金払う価値もあるんかなぁ。

 

ちょっと話変わるんですけど、アーティストっていうのはライブに来てもらうまでが一つの勝負なんかなぁとかも思うんです。

 

僕なんかが見に行く人はもうすごい実力ある人たちで。

そういう人がバチバチに準備して、魂込めてやってるのみたら絶対何か感じるし、好きになっちゃうんですよ。

んでも、多分そこに至るまでって結構ハードル高いというか。

ある程度お金と時間かけて、見に行かなきゃいけないし、チケットの抽選とか、(アイドルのライブの場合はちょっとした羞恥心とか。)いろんなハードルがあると思うんです。

 

でもそんなハードルに負けて、見ない、知らない、気づかないのはすげぇもったいないんですよね。

例えば、オードリーのオールナイトニッポンだってこんな面白けど"聞か"なかったら、面白さに気づけてはないわけですよ。

 

はぁ?ラジオ?

長いし、面白くないっしょ。

 

って先入観あったら、聴かないし、こんな面白いことに気づけてないんです。

それってすげぇもったいなくて。

そしたらcreepynutsだって好きになってないし、ダンジョンは見てないし。dcgとかターンとか他の面白いラジオに出会うこともなく今生活を送っているんです。

 

ひらがなけやきも同じで、

漢字欅がなければ、

オードリーがひらがな推しのmcじゃなければ、

たまたま走り出す瞬間ツアーに行けなかったら、

良さに気づかなかったかもなぁとか思うんです。

f:id:radio4111:20181216224204j:image

 

人生には「もし」とか「だったら」はないのかもしれないけど、こう考えると、いっぱいある僕の好きなものに出会えたことは、本当によかったなぁなんてしんみり思うんですね。

 

あっちゃんも言ってたけど、やっぱり何か気になったらやってみる。やって見なくても、知ってみる。

それがすごい大事だなぁなんて思いました。

結局いろいろ書いたけど、オードリー最高

ありがとう

 

f:id:radio4111:20181216225258j:image

 

追記 20180101

ジョイフルラブひさびさに聞いたけど、ヤバすぎる。

聞いたら目の前に綺麗なサイリウムが目に浮かんでくる。

もともとすげえいい曲だけど、武道館三日間でほんと育った曲。

シングルカットしてくれはやく。

 

以上

 

 

 

明るい夜に出かけて〜北九州でリトルトゥースと会った話〜

前にも書きましたが、「明るい夜に出かけて」という小説がありまして。

これがまあ〜面白いんですよ。

f:id:radio4111:20181227181425j:image

 

主人公がアルピーannのハガキ職人でして、顔も名前も知らないリスナー同士が徐々につながっていく。

みたいな話なんです。

 

アルピーのリスナーなら、

あーこの回あったよね!

って楽しめるし。

アルピー聞いてなくても、深夜ラジオさえ聞いていたら絶対何か胸にくる。

そんな深夜ラジオの良さみたいなところを上手く凝縮したような小説なんです。

まさに傑作だと思います。

この本を読んで、僕はやっぱリスナーの友達欲しくねってなったんですよ。

やっぱね。

 

実際ラジオのイベントって一人でも余裕で

いけるし、むしろおひとり様いっぱいいるから、全然楽しめるんです。

 

でも結局、結局ね。

誰かと一緒にいた方が楽しいんすよ。

何よりたのしかったなぁっていう思いが共有できるんで。

できないからこそ、僕はブログを書いているっていうのもあるんですね。

そうなってくるのと、僕はオードリー好きなんで、やっぱリトルトゥースの友達欲しいなぁって常々思うわけですよ。

 

ただ、

 

やっぱ根から染み付いた人見知りなんでしょうね。

全然一歩が踏み出せないわけです。

「ま、まあ、一人の方が気楽だし…」

とか言って、だいたいごまかして生きてきました。

そんな感じなんで、先日のオードリーの北九州行った時も、

今日もどうせ一人やろなぁ。

ブログ何書こうかなぁ。

とか考えて一人でぶらぶらしてたんです。

 

そしたら、突然誰かから連絡きまして…。

それが僕でも知ってるようなハガキ職人の人だったんすよ。

 

うおおおおお⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎おおおおぉぉぉぉぉ⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

 

みたいになって、なんか嬉しいんですけど、知らん人に会うこの気まずさというか。

両方あって。

あーどうしよ、どうしよーってなったんですが、結局会ってみました。

 

f:id:radio4111:20181227182404j:image

 

そしたら、やっぱ楽しかったです。

リスナー同士は話が会うし、なにより同い年で。

なんか自然と仲良くなれて、初めてリトルトゥースの友達ができました。

 

まあ、だからなんだ?

って話なんですが…。

僕にとっては革命的なことだったんです。

あーやっぱリトルトゥースってこうだよなぁって。

なんかすごい安心しました。

今思うのは、人見知りな僕ですが、ラジオのリスナーとは仲良くなれる気するんです。

 

他のものを好きっていうこととは、ちょっと性質が違くて。

同志というか。

上手く言えないんですが、なんかもやもやしてる感じとか、通ずるものがなんかあって。

他のものと比べてあんまズレがない気がするんです。

だから人見知りの僕でも仲良くなれたんやなぁって思います。

________________

そういう人10000人集まる3/2。日本武道館

どんな感じなんやろ。

想像はつかないけど、なんかすげぇ居心地がいい空間になるんじゃないかなぁって思います。

 

ま、とりあえず、今日は

北九州で明るい夜に出かけたら、リトルトゥースの友達ができた。

というお話。

 

以上